エイズは死ぬ感染症ではありません


エイズにかかると即 死んでしまうと誤った認識を持ってる人が多いです。

新規HIV感染者及びエイズ患者数(年次推移)を見ると、HIV感染者の増加に対し、エイズ患者数は増加が少ない

先進国では日本だけがHIV感染者とエイズ患者の数が増えています。

通常、HIV(エイズウイルス)に感染して5年~10年程でエイズになると言われていますが、HIVに感染したら必ず死んでしまうと思われている方が多いのではないでしょうか。今は新しい治療法が開発されているので、早期発見できれば、HIVに感染してもエイズの発症をおさえることができ、必ず死につながるわけではありません。

エイズに対する正しい知識を持ち、予防を心がけることが大切です。