エイズ 症状


エイズ 症状

HIVに感染した後、どのような経過をたどるのでしょうか

ここでは、HIV(エイズウイルス)に感染し、治療をしなかった場合について説明します。

HIV(エイズウイルス)に感染し、治療をしなかった場合について説明感染して2~4週で発熱・のどの痛み・だるさ・筋肉痛といったインフルエンザのような症状が出る場合があります。症状は数週間でなくなり、 症状が無い期間が数年~10年ほど続きます。 ただし、期間には個人差があり、 1~2年以内にエイズを発症する場合や、 長期間発症しない場合があります。免疫力が更に低下してくると、 しつこい下痢やひどい寝汗、 理由のない急激な体重減少など がおきます。 日和見(ひよりみ)感染症や 悪性腫瘍、神経障害など、 様々な病気を引き起こします。これらの病気が、 エイズ指標疾患(23種)に あてはまると、エイズ (後天性免疫不全症候群) 発症と診断されます。エイズ指標疾患23種上記の流れは、HIV感染に気づかず治療を行なわなかった場合の流れです。 治療法は進歩しており、エイズ発症を抑えることができるようになっています。 HIV感染していても、検査を受けて早期発見することができれば、 その分適切な治療につなげることができます。

<よくあるご質問> 症状があるのですが、HIV感染しているのでしょうか?

HIV感染の可能性を考えたときには一番気になる点だと思われますが、初期症状としてあげられるものは、他の病気の時にも多く出る症状のため、症状からHIV感染を判断することはできません。感染の可能性のある行為があって不安な場合は、HIV検査を受けることがとても大切なのです。