性感染症と性病の違い


性感染症と性病の違いは何でしょう。

昔は「性病」(梅毒・淋菌・軟性下疳・そけいリンパ肉芽腫)、今は「性感染症」(クラミジア・HIV感染症/エイズ・淋菌・梅毒・性器ヘルペス・尖圭コンジローマ)

昔は「性病予防法」という法律があり、「性病」と呼ばれていました。一般の人には関係のない、風俗街の病気、というようなイメージでとらえられていました。

しかし、新たに1999年に「感染症法」ができ、ここで「性病」は、今までに含まれていなかった、クラミジアやエイズなどの病気を加え、「性感染症」と呼ばれるようになりました。

この「性感染症」になって、規定される病気が増えたのですが、特に自覚症状(自分で感じる症状)の出にくい病気も多く、今やごく普通のカップルでも感染が広がっています。

※【お断り】
「性病」=「性感染症」=英語の略称で「STD」
前述のとおり、法律上では「性病」という呼び名はなくなりました。しかし、当サイト(STD研究所)では、「性感染症」より「性病」の方が生活者の皆様に浸透している言葉であると考え、「性感染症」をあえて「性病」と表記させていただく場合がございます。
なお、感染症法規定の「性感染症」は6種ですが、当サイトでは「性行為により感染する病気」と広義にとらえた形で表現を行っておりますので、ご了承ください