性病 種類 エイズ


性病 種類 エイズ

日本国内でエイズが爆発的に蔓延してるとされます。
蔓延してるにもかかわらず、エイズへの関心が薄れつつあります。
厚生労働省が発行した厚生労働白書によれば、
エイズウィルス感染者は年々増加傾向にあります。
エイズウィルス感染者、エイズ患者ともに過去最高の人数に達しています。
こうした状況は、日本のエイズ対策が十分ではないことが考えられます。

エイズとは後天性免疫不全症候群の事で、現在最も恐れられている性感染症です。
発症すると免疫機能が働かなくなり、細菌、真菌、原虫、ウィルスなどに対して抵抗力が無くなり健常な時には発症しえない症状が次々と発症します。
潜伏期間はひじょうに長く数年から数十年に及びます。

発病前の状態はHIV感染と呼ばれ日常生活に支障はありません。
そのため感染に気付かず性行為により感染を広げます。
得に性感染症にかかった状態での性行為は感染の危機を高めます。
かつてエイズは同性愛者や薬物使用時の注射器の回し打ちなどで感染を広めましたが、現在は性行為による感染の方が多いとされます。