性病 種類 性器カンジダ症


性病 種類 性器カンジダ症

カンジダと言う真菌が性器に感染して生じる感染症。
特に女性の膣に起きるケースが多いとされます。
その場合カンジダ膣炎または、膣カンジダ症と呼ばれます。

カンジダは不完全菌に属する酵母の代表的なものであり、もともと性器周辺やその他の体表に存在してる菌、いわゆる常在菌で、健康な人体は免疫により過度の増殖を防いでいますが、体調の悪化などで免疫力が落ちると繁殖して日和見感染をおこすことがあります。

性器カンジダ症は、男性木と女性木の構造の違いにより、体外に露出していて通気性がよくあまり菌が増殖する環境にない男性器では起こりにくいです。(ただし包茎の人はやや発生率が上がります)

一方、女性には非常にポピュラーな症状で、性交未経験者でもしばしば自発し、痒み等性器の異常を感じて婦人科を受診する人のうち多くの割合を占めています。
カンジダ症は、ビタミン欠乏症による免疫力の低下が主因で引き起こされる悪だあ禁増加による日和見感染です。

カンジダ菌そのものは、元来は人の体表や消化管、それに女性の膣粘膜に普通に生息するもので、多くの場合は特に何の影響も与えません。
主な治療法は、ビタミン剤と乳酸菌整腸薬の内服と抗菌薬の外用が効果的です。