性病 種類 毛じらみ症


性病 種類 毛じらみ症

毛じらみ症(けじらみしょう)とは、ケジラミという吸血昆虫による性行為感染症です。成虫の大きさは1㎜~2㎜で肉眼的には、陰毛の毛根にしがみついてる時にはシミに見えます。
この虫が陰毛を移動中にはフケにしか見えないため、発見には苦労します。
人間に寄生するシラミには、3種類あり、アタマシラミ、ケジラミ、コロモシラミです。

アタマシラミは頭髪に寄生し、コロモシラミは下着に寄生します。
性感染症をおこすのは、ケジラミです。
ケジラミは主として陰毛に寄生しますが、髭や眉毛にも寄生します。
陰毛の毛根に卵を産み毛と毛の接触により感染します。

成虫は陰毛の毛根にフック上の鈎爪で身体を固定して皮膚から吸血します。
潜伏期間は1か月から2か月とされています。
なお、感染は保有者との性行為とされ、そのため性感染症扱いされますが実際には集団で入浴するなどの場合にも感染する例があるようです。